LOG IN

驚くほど写真がないぼくら。

by 椎名亜音

どうも。
近頃すさまじく鼻炎が酷いと思ったらコレ花粉だきっと。
椎名です。
毎年2月から3月に来るんだった。忘れてた。

さてさて。
本日最終稽古日でございますよ。
劇団6番シード番外公演第3弾。
「ある日、ぼくらは夢の中で出会う」

15日から始まってしまうわけです!!!!
ぬおおおおおおお。
連日稽古に明け暮れている我々なのですけれどもね。めっちゃ稽古しとるのですけどもね。

稽古風景の写真がほぼないんすよ。

なぜならば。
4人ともずっと出ているから。
です。
誰も写真撮れないんだ。そうつまり我々4人は上演中約90分間ほぼ出突っ張りというワケだ。
写真がなさすぎてもうほら

イヤいつのだよ。
顔合わせのじゃねえか!!!!
みたいな感じです。

今作は35年前に書かれた戯曲。
日頃は脚本・演出をまとめて担当するのがデフォルトな松本さん。
この本をどのように料理するか、とても悩んだ模様。
普段は絶対にやらない、キャストを交えてのディスカッションもやったりして、
作品の完成に向かっています。

ぶっ飛んだ世界観。
ぶっ飛んだ舞台美術とぶっ飛んだ衣装。
ていうかそもそもぶっ飛んだプロデューサー(つばさ)。
メタフィクション嫌いの松本陽一が挑むメタフィクション作品は一体どんなテイストになるのか!

ワタシも最後まで模索し抗い戦いたいと思います。
奥深き演劇の世界。

ぜひ、観に来てやっておくんなまし。

公演情報

困った時の椎名さん予約ふぉぉぉぉむ!!!

16日(金)19:00の回が残り少なくなってまいりました。
おそるべし土屋バースデーパワー。
ほかの回はまだまだ余裕があるよ!!!
ぜひとも。
お待ちしております!!


ていうか今日祝日なんだね。


椎名亜音
OTHER SNAPS